ウォールドアというものを知っていますか。引戸の扉が壁の様な役目を果たし、一つの部屋を二つの部屋に分割したり、または二つの部屋を一つにする事が出来ます。一般的な引戸と異なる点はレールが一本のものだと扉どうしに段差ができずフラットな一枚壁になることです。

また、扉は一か所にまとまって壁面にしまうことができフルオープンとすることができます。建具と同様に種類、デザインともに豊富にあります。設置する場合はあれば便利かもという考えではなく、どのようなときに開けて、もしくは閉めておくのか自分たちの日々の暮らしを十分検討したうえで設置するといいですね。

ウォールドアは空間をフレキシブルに使うことができますが以下のプランは一考ありです。

 

開かずの物入れ物入れがウォールドアを収納する壁面にある為にウォールドアを収納した際は使うことができません。普段使わないものや季節のものを収納すればよいのでしょうが、できれば図面下側に物入れ扉を持って来ればよかったのではないでしょうか。