アウトフレーム      従来

先ずは上の二つの間取りを見て下さい。どんな違いがあるかわかりますか?左の図面がアウトフレームというもので、右の図面が従来の設計となります。

大きな違いは柱が左図だと住戸の外に形が出てきますが、右図ですと住戸の中に柱の形が出てきてます。また、赤塗が梁の位置になりますが左図は住戸の壁の外側に出て、右図は住戸の壁の内側に出てきます。

つまりアウトフレームとは住戸の外側(アウト)に構造体の梁・柱(フレーム)が出てくるということなんです。

一番の特徴は住戸内に梁型が出てこない為、圧迫感が少なく解放的です。また、柱型も出てこない為部屋の形が整形(四角)となり、家具の配置がし易く使い勝手が良いです。

今では主流になっているアウトフレームですが、建築コストは多少上がってしまいますね。