中央リビング

住戸の中央にリビングを配置(リビングから各部屋へアクセスする)した間取りは専有面積に対して廊下などの面積が少なく済むので同じ面積の他の間取りに比べると各部屋が広くとることができます。

自分たちの部屋に入るにも必ずリビングを通る為、家族のコミュニケーションをとりやすい間取りとも言えますね。また、各居室が横並びになる為、南向きの部屋を多くとることもできます。

注意点はリビングに家族の動線が集中し、横断するため家具の配置を工夫しないと各部屋へアクセスがしづらくなってしまいます。通路部分を確保しなければならないので実際にリビングとして使用できるスペースは限られてしまいますね。