妻側、廊下突当り

上の図面でいうと103・201・204・301・304号室が廊下突き当りの住戸となります。

アルコープなど専用(厳密にはコンクリートに囲われている外側の部分は共用部となります。専用として使うことが許されている部分ということですね)として使える部分が広いことが多いです。人が通らないので足音などは他の住戸に比べて気になりません。妻側の住戸になるかと思いますので、三面に窓が設けられているので採光や風通しがいいです。

アルコープなどの専用部分ですが、物を置いたりする場合は管理規約に従わなければなりません。美観を損ねない、避難上支障をきたさない、他の者に迷惑を掛けないなどが前提になるかと思いますが基準は各マンションによりさまざまなので、問題があるか微妙場合は管理組合に相談するべきだと思います。