最上階と1階を除いたのが中間階となりますが、ほとんどの住戸が中間階となりますね。夏は最上階が最も暑くなり1階が涼しくなります。また、冬は一番冷え込むのが1階となり、上下階の暖房により中間階は暖かくなります。夏・冬と比較的過ごしやすいのが中間階ということになります。

エントランスや風除室の真上の住戸は稀に自動ドアの開閉が気になる場合があります。防振構造になっているものを使用しますが人によっては振動音やモーター音、風切り音などが気になる方がいます。しかし、ほとんどが聞こえないレベルですね。

中間階ですので、上階からの足音や物を落とした音が考えられます。上階からの騒音は住む方の家族構成(小さい子供がいる)や生活の時間帯、スラブ厚さや床材の仕様によっても変わってきます。また、自分たちも下階には配慮が少なからず必要です。

1階、中間階、最上階とそれぞれにメリット・デメリットがあります。ご自身のライフスタイルと照らし合わせて選ぶようにしましょう。