湿気・結露が多い場所

南側住戸より北側住戸のほうが湿気が多く結露が起きやすいです。

空気の流れが無い場所に湿気が溜まりやすいです。例えば押入やクローゼットがそうですね。また、洋室などは窓と扉を開ければ風が流れていきますが、窓が無い部屋などは部屋の角などに空気が滞留していまいます。

なぜマンションで湿気・結露が多いのか

ほとんどのマンションは鉄筋コンクリート造でできています。コンクリートは内部の水分と化学反応を起こして強度を増しています。新築時から1~2年はコンクリート内部の水分がまだ残った状態で数年かけ、化学反応を続けて水分がなくなっていきます。そのため新築時は水分の放出がある為湿気が多くなります。

マンションは非常に気密性が高く、換気扇などを回していないと調理時の水蒸気や部屋干ししている洗濯物の水分、入浴後の蒸気などがこもってしまいます。

一般的な間取りですと共用廊下とバルコニーと二面しか窓がありませんので窓を開けての自然換気を行っても風が通り抜けない空気が滞留してしまう場所があるためです。

どのような湿気・結露対策をすればよいか

押入・クローゼットなどは空気の対流が起きにくい場所なのでこまめに扉を開け換気をするように心がけて下さい。また、すのこを敷いて風の通り道を作ったり、湿気取などの併用もするようにしましょう。

水蒸気が発生する場所の近くで換気をするようにしてください。調理の際はレンジフードを回し、入浴をした後は必ず換気扇を回してください。また、部屋干しの際はUBなどの浴室乾燥を使用したり、除湿器を設置して除湿をするようにしてください。

マンションは自然換気がしにくく、新築時のコンクリートからも水分が出てきます。また、人が活動していれば人からも蒸気が多少発生します。新築マンションであれば24時間換気が付いていますので必ず稼働させておきましょう。